塾長:「塾長の大金貯世(おおがねためよ)である!」

塾長:「お金持ちになれない人に行動パターンがあるのだ!知っているか?」

生徒:「知りません。ぜひ教えてください」

塾長:「諸君、給料をもらったらどうしているか?貯金はしているのかね?」

生徒:「給料は1ヶ月でほとんど使ってしまいます。飲み代や雑誌に使ったり……正直、あまり使った覚えはないのですが、いつの間にか月末には無くなってしまうパターンが多いです」

塾長:「情けない。今のままでは、君は金持ちになれない。完全に貧乏生活へ直行だ」

生徒:「なんとか、生活を改めたいのですが…どうしたら、金持ちになれますか?」

塾長:「お金持ちになれない人は消費が好きな傾向がある。入ってきた以上の金額を使えばお金は手元に残らないだろう。分かるな?」

生徒:「オス」

塾長:「そういう人は例えば年収2000万円もらっていても、2000万使ってしまう。例えば、年収1000万円で全部使ってしまう人と年収500万でも、50万残す人は10年後、どっちがお金持ちになっていると思う」

生徒:「年収500万円の人です。」

塾長:「そうだな。行動パターンにあてはめるとお金がたまる人は、お金が入ったら最初に預貯金をする。そして使うサイクルだ。反対にお金がたまらない人はまず、最初にお金を使う。そして貯金するお金が残らないというパターンが非常に多い。今後、給料が上がっても同じ事の繰り返しになるぞ」

塾長:「……身にしみて理解できました」

生徒:「そういう人は自分で考えないで安易な方へ流される傾向が多い。短期的な視点で考える傾向が多いのが特徴だ。楽してお金持ちになれるとか、失敗を他人のせいにしてしまうとか、自分で考えたり、行動しない場合が多いからお金がたまらない」

生徒:「なるほど……」

塾長:「そしてそれ以外にも周囲の人を大事にすることも重要だ」

生徒:「友達とか、親とか、仕事関係の人を大事にする事でしょうか?」

塾長:「その通りだ!自分ひとりの力で成功する事は難しい。成功した人も、運と同時に周りのサポートがあって成功した場合が非常に多い。自分だけが儲ければ良いという人には、他人は手伝ってくれない。お金持ちになれない人の行動パターンは、自分だけが良いと思う人が多いから周りが助けてくれないし、尊敬されない」

生徒:「オス」

塾長:「消費を減らして貯金だけでもお金を増やす事できる。ただ、そういう人はただのケチで終わる可能性が高い。ケチはケチでも、他人から尊敬される偉大なケチになるように。今後は、お金の使い道をしっかり考えるように」

生徒:「オス!」


〜〜〜まとめ〜〜〜
お金持ちになれない人の特徴は、入ってきたお金を消費してしまうだ。お金の使い道をしっかり考える事が重要になる。
いくら、お金を貯めても利己的な行動をする人は、ただのケチな人で終わる可能性が高いので短期的な視点で考えたり、行動しなかったりする人は、もう一度よく考えてみよう。

*紹介する金融商品への投資にはリスクが伴います。各商品のお問い合わせは、取り扱い会社までお願いします。投資は自己責任で。(この塾と登場人物は架空です)

奥義である!
奥義『配当金&株主優待タダ取り』を伝授する!
奥義『よい投資信託の選び方』を伝授する!
奥義『プロのさるまね投資術』を伝授する!

カリスマ投資家の名言である!
ピーター・リンチ編
世界一の金持ちに学ぶ投資哲学! ウォーレン・バフェット編である!!
天才相場師に学ぶテクニック! ジョージ・ソロス編である!!

資産運用で1億円をめざすSNSふえーる