8月2日から全国で公開中の「スカイ・クロラ 〜the sky crawler〜」で、主人公の函南優一が基地に転属してきてから乗る機体が散香マークB。現在予約販売中のものですが、コトブキヤブースにて実物が展示されていました。周辺には、作中に登場した小物もいくつか置かれていました。

詳細は以下から。
機体番号262-01。キットにスタンドが付属しており、基地から飛び立つ姿を飾ることができます。


日本海軍の試作局地戦闘機震電を思わせる、特徴的な推進式6枚プロペラ。


飛行機乗りに必須の手袋。


作中に登場した拳銃とタバコ。


草薙水素が吸っていた「天狼星」ですね。


・関連記事
「スカイ・クロラ 〜the sky crawler〜」ジャパンプレミア舞台挨拶フォトレビュー - GIGAZINE

押井守監督の最新作「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」は8月2日公開 - GIGAZINE

65年間砂の中に埋もれていた第二次世界大戦時の戦闘機が発見される - GIGAZINE

戦闘機が音速付近で発する楕円状の雲が良く見える写真とムービー - GIGAZINE

最強戦闘機F-22 ラプターの写真いろいろ - GIGAZINE


記事全文へ