ワンダーフェスティバルの中でよく出展されているものの一つが「一騎当千」のフィギュア。アニメの宣伝文句が「爆乳美少女ハイパーバトル」であったことからもなんとなくわかるとおり、三国志の英雄たちの生まれ変わりである爆乳・巨乳の美少女たちがバトルを繰り広げるという作品で、DVDの売り上げがすさまじく現在アニメ第3作が放送中です。今回のワンフェスでも、グリフォンエンタープライズのブースで気合いの入った闘士たちのフィギュアがずらりと並べられていました。

中にはコンパチ(コンパーチブル:入れ替え可能)仕様で通常の状態と胸があらわになった状態のパーツが入れ替えられるようになっているものもあります。

詳細は以下から。
関羽雲長。ネコミミと尻尾、さらに手もネコのようになっており、子ネコの劉備玄徳と張飛益徳にまとわりつかれています。


呂布奉先。胸の部分はコンパチ仕様になっており…


このようになる予定。


そしてこれが問題のコンパチパーツ。丸見えです。


こちらはワンフェス2008冬にも出ていた典韋。


常にゴスロリを着用しています。


コンパチでこうなる。


黒バージョンもあります。


もういっちょ関羽雲長。


制服姿で、ちょっと胸を強調するようなポーズになっていますが…


こんなものも用意されています。


人気の高い呂蒙子明。大胆なメイド服です。



そして主人公の孫策伯符。スクール水着を半脱ぎ状態。



・関連記事
海洋堂のボーメ新作美少女フィギュアから「千鳥かなめ」とか「テッサ」とか「関羽雲長」とかいろいろ - GIGAZINE

原田たけひとの「セイバー」や「シャナ」フィギュアが並ぶグリフォンエンタープライズブース - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・前 - GIGAZINE


記事全文へ