以前GIGAZINEでマイクロソフトが20GBモデルのXbox360と同じ価格で新たに60GBモデルを販売し、20GBモデルは値下げすることをお伝えしましたが、なんと9月からさらに値下げする意向であるそうです。

海外におけるXbox360向けファイナルファンタジーXIIIの正式発売決定、秋からユーザーが自作した同人ゲームを販売可能になるなど、勢いづく話題の多いXbox360ですが、さらなる値下げで勢いに弾みを付けるつもりなのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Mole attack: 360 price cuts on all hardware in September

この記事によると、マイクロソフトは9月にXbox360のさらなる値下げを予定しているそうです。

具体的には60GBモデルが、60GBモデル登場を受けて値下がりした20GBモデルと同じ299ドル(約3万2000円)に値下がりするほか、HDDを搭載しないXbox360アーケードが199ドル(約2万1000円)に、そして120GBのHDDを搭載したXbox360 Eliteは399ドル(約4万3000円)に値下がりするとしています。

気になる信憑性についてですが、今回情報をリークした人物は、かつて60GBモデルが登場することをリークした人物であるため、信頼性がないとは言い切れないようです。

日本では十分市場を開拓しきれていない感のあるXbox360ですが、この値下げを機に日本市場にも新しい風を吹き込んでもらいたいですね。

・関連記事
Xbox360に見せかけたひどいものをプレゼントされる少年のムービー - GIGAZINE

Wii、PS3、Xbox360の累計販売台数を世界の地域別で比較してみた - GIGAZINE

マイクロソフト、Xbox360へのBlu-ray搭載を改めて否定 - GIGAZINE

Xbox360を死亡させる耐久実験ディスクが流出中 - GIGAZINE

記事全文へ