アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」に登場するロボット兵器「ナイトメアフレーム」は、起動するためにUSBメモリそっくりの端子がついた鍵を使用するのですが、それを再現したPC用USBメモリがワンフェスで見られました。飾るだけではなく実用的な面もあるアイテムとなっています。

詳細は以下から。起動用キー風USBメモリが置かれていたのは、「からくり工房」ブース。


「ランスロット起動キー用USBメモリ(2GB)」。アクセスランプも点灯するようになっています。


展示のみだった「ランスロット起動キー(ミニUSB1GB内蔵)」。金属っぽい光沢があります。


USB別売りとなる「ランスロット起動キー」。


中身はこんな感じで収納されています。


どれも人気が高いようで、ブースに到着したときには全種類完売していました。中身のUSBメモリがないため次回のイベントにも出てくるかどうかは不明だそうです。

・関連記事
ゲームなどに登場した銃の再現武器とメイドロボ in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

「新世紀エヴァンゲリオン-ANIMA-」から立体化されたスーパーエヴァンゲリオン - GIGAZINE

「魔法少女リリカルなのは」の実物大インテリジェント・デバイスあれこれ in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

ハリガネをぐるぐる巻きにして作っためちゃくちゃカッコイイロボットたち - GIGAZINE

記事全文へ