テレビにて3つのシリーズが放送され、来年には映画化も予定されているアニメ「魔法少女リリカルなのは」。長く続いているだけあってファンは多いようで、劇中に登場する魔法補助用の装置「インテリジェント・デバイス」を実物大で再現したものが様々なブースに展示されていました。販売されているデバイスから展示だけのデバイスまであるのですが、作り手によってこだわりが違っていて、同じデバイスの再現でもそれぞれ特徴的な部分が表れています。

詳細は以下から。AAH!!スペース電通GODブースの「1/1レイジングハート」。


スイッチを押すとアニメと同じように光の文字が浮かび上がり、音声も再生されるようになっていました。


フェイト・テスタロッサの操る「バルディッシュ」も展示。


スイッチひとつで開閉するようにギミック。


閉じるとこうなります。


三日坊主製作室ブースの「レイジングハート・エクセリオン」。


ヘッド部分はシューティングモード。


マガジンは取り外しでき、カートリッジを込めることが可能。


さらにデバイスを手で引くと、カートリッジが飛び出して排莢されるギミックもつけられていました。


はちみつ工房ブースの「レイジングハート・エクセリオン」の原型。


以前販売したレイジングハートのヘッド部分も展示。


わいえふえふ工房ブースの「1/1グラーフアイゼン」。


無骨でいかついフォルムです。


・関連記事
純白の騎士姫「セイバー・リリィ」フィギュア in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

ゲームなどに登場した銃の再現武器とメイドロボ in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

あの「魔法少女リリカルなのは」、テレビシリーズ第1期を完全リニューアルして映画化決定 - GIGAZINE

ワンダーショウケースより「霧雨魔理沙・博麗霊夢 松倉ねむver.」 in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

どなたかパトレイバーに出てきた「イングラム」をタダで引き取ってください - GIGAZINE

記事全文へ