ワンダーフェスティバル2008夏では一般のアマチュアからもすごい数のブースが出ており、どれもこれも「当日版権システム」によって合法的に販売されているのがコミケとの大きな違い。なので、いろいろなアニメやマンガ、ゲームなどのフィギュアなどが所狭しと並ぶわけですが、もちろんオリジナルで勝負してくる人たちもたくさんいます。中でも今回かなり目立っていたのがこのハリガネロボットたち。サイズが巨大でカラフル、しかもなんだかやたらかっこいいので、道行く人たちが足を止めて出品者に質問する姿がしばしば見受けられるほど。

その他の写真は以下から。
制作したのはココ


なんだか敵っぽい雰囲気


銃と剣もハリガネ。ブースの方のお話しによると、最初に芯となる小さな人形のような物を作ってからぐるぐる巻き付けていったとのこと。


一体どうやって運んできたのか?という質問に対し、手足などを折り曲げて輸送したとのこと。さすがハリガネ、フル可動とか言うレベルじゃない。


ずらーり、ド迫力


・関連記事
【速報】ワンダーフェスティバル2008夏、開場直後に人が多すぎて地鳴りのような音ともに4階から1階へエスカレーターがぶっ壊れて逆流、けが人発生 - GIGAZINE

どなたかパトレイバーに出てきた「イングラム」をタダで引き取ってください - GIGAZINE

純白の騎士姫「セイバー・リリィ」フィギュア in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

螺旋の炎を纏った鬼神「天元突破グレンラガン」登場 in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

ハイレベルな作品の並ぶワンダーショウケースから「ヘルズエンジェルのりか」 in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE


記事全文へ