ゆうきまさみ原作「機動警察パトレイバー」に出てきたあのイングラムを、イングラムへの愛ゆえに3分の1スケールで作ってしまったものの、置き場所にしていた大学から「邪魔だから何とかしてくれ」と言われ、なくなく手放すことになってしまったそうです。

作者の方に聞いてみたところ、大切にしてもらえるなら価格は「無料」でかまわない、とのこと。全高約3メートル、制作期間約6ヶ月、制作に投じた予算は約20万円ほどということなので、もし自宅や実家などに置く場所があるのであれば、かなりの値打ちものではないかと。

というわけで、当人に話を聞き、ウェブ上への掲載許諾をもらったので、以下に「どなたか引き取ってください!」という悲痛な叫びと、巨大イングラムの詳細写真を載せておきます。
人だかりができていたブースはココ


デカい


堂々たる勇姿


当日はものすごい人だかりで、コスプレした人が一緒に隣で記念撮影などをしていましたが、この悲痛な叫びが胸を打ちます。


頭部


肩の部分もやけにリアルでいい感じ。激戦を経てきた雰囲気を再現。



ちゃんとナンバープレートもある


パイプは飾りではなく、これがないと立っていられないとのこと


記念碑!


あと、当日置いてあったチラシによると「大切にしてくださる方が居ましたら、お気軽にお問い合わせください」ということで、以下のページにアクセスしてメールで連絡すればよいようです。


■のっそり
http://www.geocities.jp/the_silhouette_formula/

搬入直後の様子は以下にあります。

ビッグサイトで壁になった! - のっそり - Yahoo!ブログ

取材した時点では「うーん、うちになら置けるかも……」と言ってくれる人が一人だけいたものの、引き取ってくれる人は皆無でした。まだ間に合うかも。

なお、もらったチラシによると「この【1/3 イングラム】について、「どうして作ったんですか?」と聞かれます。答えは「大好きだからです」の一言です。機動警察パトレイバーがあったから今の自分がここにいます。それがすごく嬉しいんです。」とありました。すごい。

・関連記事
【速報】ワンダーフェスティバル2008夏、開場直後に人が多すぎて地鳴りのような音ともに4階から1階へエスカレーターがぶっ壊れて逆流、けが人発生 - GIGAZINE

純白の騎士姫「セイバー・リリィ」フィギュア in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

螺旋の炎を纏った鬼神「天元突破グレンラガン」登場 in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE

ハイレベルな作品の並ぶワンダーショウケースから「ヘルズエンジェルのりか」 in ワンダーフェスティバル2008[夏] - GIGAZINE


記事全文へ