9月6日から劇場版「天元突破グレンラガン 紅蓮編」が公開される「天元突破グレンラガン」。主人公メカのラガンはそれ自体はかなり小型のメカ(ガンメン)なのですが、他のガンメンや戦艦などと合体を行うことができ、最終的には登場人物たちの思念まで取り込んで巨大化した結果、銀河系を凌駕するサイズの天元突破グレンラガンになりました。螺旋の炎を纏ったその姿はまさに鬼神です。

また、ボークスのブースでは天元突破グレンラガンの隣にファイブスター物語に登場するA.K.D.のエース機ナイト・オブ・ゴールドが並べられており、すごい絵になっていました。

その鬼神めいた姿は以下から。
全身、着色されていなくてもド迫力です。



立ちのぼる螺旋の炎。


迫力あるポスター。


お隣に立っていたナイト・オブ・ゴールド。


金ぴかです。


こちらは海洋堂の天元突破グレンラガン。着色済みです。


たくさんのヨーコに囲まれていました。


・関連記事
【速報】ワンダーフェスティバル2008夏、開場直後に人が多すぎて地鳴りのような音ともに4階から1階へエスカレーターがぶっ壊れて逆流、けが人発生 - GIGAZINE

ガイナックスの取締役がmixi日記での記述の責任を取って辞任 - GIGAZINE

ついに休刊、「月刊電撃コミックガオ!」THEファイナル、怒濤の最終回ラッシュを楽しむ - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・後 - GIGAZINE


記事全文へ