(c) 石森プロ・東映
 東映製作のテレビシリーズから名作タイトルを集めて配信するサービス「東映特撮BBアーカイブス」では、「仮面ライダースーパー1」全48話の配信を開始した。

 仮面ライダーシリーズの第7弾となる「仮面ライダースーパー1」は、それまでの仮面ライダーたちとは異なり、宇宙開発を目的に作り出された惑星開発用改造人間の能力を備えた沖一也が「仮面ライダー」として戦うという特異な設定の作品。シルバーとブラックのカラーや、メカニック性と中国拳法をモチーフにしたアクションの組み合わせなどで人気を博した「仮面ライダー」の人気シリーズだ。

 視聴料金は、各話販売105円/7日間。4話または5話パック336円/7日間。全話パックは3,528円/45日間となっている。

 そのほか、同サイトでは、「宇宙刑事シャイダー」(全49話)、「仮面ライダー龍騎」(全50)、「バッテンロボ丸」(全51話)、「未来戦隊タイムレンジャー」(全51)、「特警ウインスペクター」(全49話)、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」(全42話)、「仮面ライダー(新)」(全54話)、「大鉄人17」(全35話)、「秘密戦隊ゴレンジャー(2代目キレンジャー編)(第55話〜第88話)などの人気作品も配信中だ。

 また、インターネット上で東映特撮ヒーロー作品を配信する有料会員制映像サイト「東映特撮BB」では、8月9日公開の「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」「炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!」のオリジナルメイキングムービーも配信している。

■関連ニュース
史上初のスピンオフネットムービーで及川奈央が熱演
“集団変身ヒーロー”の元祖「秘密戦隊ゴレンジャー」再び
映像メーカー業界団体「DEG(デジタル・エンターテイメント・グループ)ジャパン」設立
京都ユビキタス特区、外国人旅行者に「おもてなし」サービスを提供〜次世代PHSなど活用
「仮面ライダーキバ」劇場版公開を前にネット限定でスピンオフドラマ