『金色のガッシュ!!』原稿紛失訴訟は小学館が非を認め和解に

写真拡大

 マンガ『金色のガッシュ!!』のカラー原稿を紛失した事件で、原稿を管理する立場にあった出版社の小学館に対して作者の雷句誠氏が慰謝料など330万円の損害賠償を求めた裁判の第一回口頭弁論が、7月28日11時30分から東京地裁522号法廷で行われた。当日は31の傍聴席を求めて徹夜で裁判所の前に並ぶ傍聴希望者もあり、開廷1時間半前の9時頃にはすでに満席となった。

拡大画像はこちらから

 法廷では雷句氏が自らのカラー原稿を手に、マンガ原稿がいかに価値のあるものであるかを強調。「漫画家はこのように本当に情念を込めて原稿を描きます」と訴え、マンガ原稿が紛失しても賠償金を払えば済むというようなことが慣習化すれば、漫画家の創作へのモチベーションも下がりかねないという趣旨を熱弁した。

 一方、被告の小学館側は、原稿が紛失した管理体制の不備や雷句氏がこうむった精神的な苦痛についていずれも認知し、全面的に非を認める形となった。また、紛失した原稿を撮影したポジフィルムについても、雷句氏に返却することが確認された。ただし、紛失原稿の財産的な価値については「一概に言うことができない」という意見を示した。

 これを受けて、裁判所は原告と被告の双方に和解を勧告。双方ともこれを受け入れることで合意し、初回の弁論は6分ほどで終了した。今後は、紛失原稿の価値について審議が進むことになる。

 今回の事件では、原稿を紛失した経緯について、小学館側は「コメントできない」「説明ができない」と繰り返すばかりで、原稿や作家を軽視しているのではないかという可能性を露呈することとなった。

 今回の裁判で小学館が全面的に非を認めたことについて、雷句氏は「ファンの方々の力がとても大きかったと思います。とても多くのファンの方々が声を上げてくれたからこそ、小学館があれほどすんなりと責任を認めたのだと考えています」と述べた。また、今回の裁判に至った経緯についても、一部の編集者による度重なる不誠実な対応や、若い漫画家などへの心無い言動に対して、やむなく起こしたものであり、「法廷という公の場にこの問題があげられることで、反省してもらいたいというのが本当の気持ちです。これによって(漫画家と編集者の)関係がよくなっていくことを望んでいます」と続けた。

 当日は現役の漫画家なども傍聴に訪れ、ある若い漫画家は「こうしたケースはほかにも多い。今回、雷句先生が声をあげて下さったことは、本当に心強い。この事件は風化させてほしくない」と語った。

 次回の弁論は、9月22日13時30分、東京地裁606号法廷で行われる。
(橋本玉泉)

【関連記事】 「ヤンサン」休刊で、グラドルブーム終焉にも拍車!?
【関連記事】  原哲夫感涙! ケンシロウの名の下に現代アートの巨匠が集結
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 よゐこも興奮! キン肉マン29周年で記念プロジェクトが続々
【関連記事】 『ジョジョ』荒木飛呂彦先生は永遠に美しいッッッ!?
【関連記事】 この春はスタンドを着こなせ! ファン垂涎のジョジョTシャツ発売
【関連記事】 Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来
【関連記事】 ジュニアアイドルが語るTバック 学校、友達、恋のこと
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代