7月30日発売の学研「メガミマガジン 9月号」などによると、「魔法少女リリカルなのは」のテレビシリーズ第1期をコスチュームやデバイスをマイナーチェンジした上で全編新作映像による映画化が決定したそうです。公開は2009年で、現在全力で制作中とのこと。

詳細は以下から。
メガミマガジン9月号。創刊100号ということで記念特大号になっています。


100号突破のメモリアル企画もいろいろ。


44ページから見開きでなのは劇場化情報が掲載されています。


描かれるのは第1期の内容で、原作・脚本担当の都築真紀氏へのインタビューによると、テレビ版の内容と大きな流れは同じながら、細かい展開で異なる部分が出てくるそうです。映像はテレビやDVDの素材は使わずすべて新規制作になるそうで、第1期を知らない人には自然に、知っている人にはより深く新鮮にというのが目標になっているとのこと。

映画のタイトルは「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」となっており、ひょっとするとA'sやStrikerSの映画化もありえるかもしれません。

関連記事
「ひぐらし」に続いて今度は「うみねこのなく頃に」がテレビアニメ化決定 - GIGAZINE

最新アニメ「地獄少女三鼎」の登場人物が明らかに、新キャラクターも - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・前 - GIGAZINE

2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・後 - GIGAZINE

ひぐらしシリーズのアニメ第3期「ひぐらしのなく頃に礼」(仮)はOVAシリーズで登場 - GIGAZINE

サミュエル・L・ジャクソンらが声優として参加するアニメ「アフロサムライ」続編の製作が決定 - GIGAZINE


記事全文へ