任天堂を含むゲームメーカー54社は、違法アップロードサイトで公開されている複製ゲームを起動可能にする「マジコン」と呼ばれる機器の輸入・販売行為の差止等を求めて、東京地方裁判所に提訴した。

 「マジコン」を使うと、本来ニンテンドーDS上では起動しないはずのゲーム・プログラムの複製物が起動可能となる。代表的な機器として「R4 Revolution for DS」がある。

 任天堂とDS用ゲームを開発・販売しているソフトメーカー54社はこうしたマジコンによって極めて大きな損害を被ったとして、嘉年華、夏黎、カミヨコ、DIGITALNAVIGATOR、クリエイティメイトの社に対して不正競争防止法に基づいて、輸入・販売行為の差止等を求める訴訟を起こした。任天堂は、「マジコン」と呼ばれる機器全般に対して、継続して断固たる法的措置を講じるとしている。

【関連記事】
任天堂、マクドナルドとつくばエクスプレスでDS専用ソフトを無償配布
松井証券、ニンテンドーDS、PSP、iPod touchでもモバイルトレードを可能に