先日、スクウェア・エニックスがDS用「ドラクエV」にコピーガードを施した(記事参照)のに続き、ついに“本丸”任天堂が違法コピー追放に本腰を入れ始めた。

 29日、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の発売元である任天堂と複数のDS用ソフトメーカーが、いわゆる“マジコン”業者5社に対して、これらの機器の輸入・販売の差し止め等を求めて東京地方裁判所に提訴したことが明らかになった。

 “マジコン”とは、ゲームソフトのデータをコピー及び起動するための機器のこと。本来「ゲームデータのバックアップのため」という名目で販売されていたが、実質的には、その多くが海賊版ゲームを起動するために使用されている状態だという。

 今回、提訴に踏み切ったのは、DSの販売元である任天堂に加えて、スクウェア・エニックス、セガ、タイトーなどソフトメーカー54社。各社は“マジコン”による違法コピーの蔓延について「極めて大きな損害を被っており、到底見過ごすことのできないもの」としている。

 任天堂は「継続して断固たる法的措置を取る」としており、「今後、提訴する会社が増えることもあり得ます。損害賠償を請求する可能性も含めて、厳しく対応していくつもりです」(広報部)とのことだ。

【関連記事】 「規制以前に風前の灯火……」美少女ゲーム業界の辛苦
【関連記事】 あの名作FFシリーズをどう略す? 大論争、遂に終止符か?
【関連記事】 夏目ナナが学ぶ! AVとゲーム業界の意外な共通点とは?
【関連記事】 浅尾・オグシオは金ヅル選手!? 五輪間近のスポドル錬金術
【関連記事】 田代まさしが出所していた! 7月16日トークイベントに出演予定
【関連記事】 中野腐女子シスターズ・浦えりか お尻丸出し○○姿披露!
【関連記事】 YouTubeの“MAD動画”を角川が続々公認中!
【関連記事】 まるでAV嬢!? “処女ドル”森下悠里の過剰サービス
【関連記事】 巨乳グラドルがオールヌード!神楽坂恵からファンへの置き土産
【関連記事】 愛川ゆず季の100センチおっぱいの乳首って、どうなってるの?