任天堂とソフトメーカー54社が本日、ニンテンドーDSでダウンロードしたコピーソフトを遊ぶことや、音楽や動画などの再生を楽しむことができる「マジコン」と呼ばれる機器を輸入、販売している複数の業者に対して不正競争防止法に基づいた一斉提訴を行いました。

また、「マジコン」に対して今後も継続して断固たる法的措置を取る意思を表明しています。

詳細は以下の通り。
ニンテンドーDS用機器に対する法的措置について

このリリースによると、任天堂は本日、ニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Liteでダウンロードしたコピーソフトを起動できるようにする「R4 Revolution for DS」に代表される「マジコン」と呼ばれる機器を輸入、販売している複数の業者を不正競争防止法に基づいて東京地方裁判所に提訴したそうです。

提訴された会社は以下の通り。
社名 所在地 代表取締役
嘉年華株式会社 東京都文京区 鄭 蓬 莱
夏黎株式会社 東京都板橋区 曹 悦
株式会社カミヨコ 横浜市中区 王 越 鳴
株式会社DIGITALNAVIGATOR 東京都千代田区 巽 康一郎
株式会社クリエイティメイト 東京都千代田区 陳 嘉 雄

この提訴はニンテンドーDS向けにゲームソフトを制作している、カプコンやスクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなどのメーカー54社とともに行われたもので、「マジコン」を利用することで違法なアップロードサイトなどから入手したソフトのコピーを起動できるようになった結果、任天堂およびソフトメーカー各社が極めて大きな損害を被ったとしています。

また、このような機器が市場に蔓延することにより、コンピュータゲーム産業全体の健全な育成ならいに発展が阻害されるとして、任天堂およびソフトメーカー各社は「マジコン」と呼ばれる機器に対して、今後も継続して断固たる法的措置を講じると表明しています。

以前GIGAZINEで、「マジコン」の販売に対して何らかの圧力がかけられているかもしれないことをお伝えしましたが、ついにメーカーが本格的に動き始めたということのようです。

・関連記事
ソニー、PSPソフトの違法コピーについて対抗策を導入へ - GIGAZINE

任天堂、家庭用の新型ゲーム機を2008年末に発売か - GIGAZINE

父親にWiiを取り上げられた少年、激怒して自ら命を絶つ - GIGAZINE

任天堂、Wiiリモコンをパワーアップさせる「Wii MotionPlus」を発売へ - GIGAZINE

記事全文へ