ソニーが斬新なアイディアを持ったゲームクリエイターを発掘するためのオーディション「PlayStation C.A.M.P!」を行うことを発表しました。

オーディション合格者に対しては制作環境や制作費だけでなく生活費も全額支給され、ゲームソフトが発売された際には印税が支払われるとのこと。ちなみに過去にも同様のオーディションが開催され、「XI(sai)」や「どこでもいっしょ」など、ソニーを代表するソフトが生まれているそうです。

詳細は以下の通り。
PlayStation C.A.M.P!とは?

このページによると、ソニーは13年前から行っているクリエイター発掘オーディション「ゲームやろうぜ!」を「PlayStation C.A.M.P!」に改称して、新たに開催することを決定したそうです。

PlayStation C.A.M.P! 応募要項

応募資格は18歳以上で性別、国籍不問。経験不問。学生や社会人、ゲーム制作経験の有無、個人、グループなどについても不問とのことで、未成年の方の応募は保護者の同意が必要。

応募作品は「プレイステーション」フォーマットで実現したい企画やアイディア、プログラム、グラフィックデザイン、世界観、映像センスなどをアピールできる作品で、インターネット経由でアップロードできるデジタルデータであれば応募可能。受付期間は2008年10月1日〜末日となっています。

なお、合格者へのバックアップとして、合格からソフト完成に至るまですべての制作費、生活費が全額負担されるほか、ソフト発売の際には売り上げに応じて印税が支払われるとのこと。また、環境開発オフィス、機材、ソフトなど、開発に必要な全ての環境や必要経費も全額負担されるとしており、必要に応じて人的支援なども行われるそうです。

・関連記事
ソニー、8月にゲーム事業に関して世間を驚かせるような発表を予定 - GIGAZINE

現行のPS3にPS2との互換機能がアップデートで提供されるのか、ソニーに聞いてみました - GIGAZINE

ソニー、PSPの新型「PSP-3000」を発売か - GIGAZINE

ソニー、40GBモデルの新型PS3にもアップデートでPS2との互換性を搭載か - GIGAZINE

ソニー、ついにPS3でデジタル放送を録画できる「PlayTV」を発売へ - GIGAZINE

PSPなどの記録容量を安価に最大16GBまで拡張できるアダプタ登場 - GIGAZINE

記事全文へ