[画面の設定]をクリック

写真拡大 (全11枚)

携帯性に優れたノートパソコンの中には、画面の解像度が狭い製品も多い。そういうノートパソコンでは、外付けのモニターを接続して画面の解像度を高められるが、ノートパソコンの画面と併用すれば、2つの画面を繋げるような状態でひとつの大きな画面として利用することも可能だ。

またデスクトップパソコンでもモニター出力が2つある場合には、2台の外部モニターを接続することで、やはり2画面によるWindows環境を実現できる。

モニターが2台並ぶと邪魔に思う人がいるかもしれないが、Windowsのデスクトップ画面が広がるメリットは大きい。
たとえば、片方の画面でワープロソフトを起動して原稿を書きながら、もう片方の画面ではブラウザで資料となるWebページを閲覧するといった使い方ができて便利だ。

そこで今回は、2台のモニターでデスクトップを広く使うテクニックを紹介しよう。

■知っ得 No.0057 デュアルモニターで快適なデスクトップ環境を作る
パソコンにもう1台モニターを接続できるのであれば、これを活用しない手はない。2つの画面をひとつの大きな画面として利用できるからだ。

ここでは、Windows Vistaのパソコンにモニターをもう一台接続して、デスクトップの作業範囲を広げたり、メインのモニターを入れ替えて利用したりする方法を紹介しよう。まずは設定する前に、パソコンにもう1台のモニターを接続しておこう。

●2つのモニターをつなげてデスクトップを幅広く使う
メインのモニターと2台目のモニターを利用して画面を繋げた状態にし、マウスポインタやウィンドウなどは2つの画面間を移動できる。デスクトップの作業範囲を広くできるので、複数のウィンドウを開いて作業するときに便利だ。2台目のモニターを有効にするには、以下の設定を行う。

デスクトップ上で右クリックして[個人設定]を選択し、開いた[個人設定]ダイアログボックスから[画面の設定]をクリックする(画面1)。[画面の設定]ダイアログボックスが開く。表示されているモニターアイコンの[2]を選択する(画面2)。
画面1[画面の設定]をクリック画面2 モニターアイコンの[2]を選択
画面1[画面の設定]をクリック画面2 モニターアイコンの[2]を選択

[デスクトップをこのモニター上で移動できるようにする]のチェックボックスをオンにする(画面3)。
画面3[デスクトップをこのモニター上で移動できるようにする]のチェックボックスをオン
キ画面3[デスクトップをこのモニター上で移動できるようにする]のチェックボックスをオン

[OK]または[適用]をクリックする(画面4)。[この画面設定をそのままにしますか?]のメッセージが開くので[はい]をクリックする(画面5)。
画面4[OK]または[適用]をクリック画面5[はい]をクリックする
画面4[OK]または[適用]をクリック画面5[はい]をクリックする

これで設定が有効になり、2番目のモニターにも画面が表示され利用できるようになる。

なお、設定を解除するには、同じ手順で[画面の設定]ダイアログボックスを開き、[デスクトップをこのモニター上で移動できるようにする]のチェックボックスをオフにする。


次のページでは、メインとして利用するモニターを切り替える技と、設定の配置と実際のモニターの配置の左右が違う場合の対処法を紹介しよう。