中学時代にいじめられ、“強くなりたい”と願い始めたボクシングで世界チャンピオンに上り詰めた内藤大助。そんな内藤大助の自叙伝「いじめられっ子のチャンピオンベルト」のドラマ化が決定した。
 中学時代にいじめられ、“強くなりたい”と願い始めたボクシングで世界チャンピオンに上り詰めた内藤大助。そんな内藤大助の自叙伝「いじめられっ子のチャンピオンベルト」のドラマ化が決定した。

 内藤大助を演じるのは、ドラマ「電車男」でおなじみの伊藤淳史。内藤大助の母親役は岸本加世子、恋人役は市川由衣と実力派俳優が顔をそろえている。28日の21時から、TBS系にて放送が開始される。

 講談社が運営するコンテンツポータル「MouRa」では、内藤大助と主演・伊藤淳史の対談の模様を公開中だ。同書のドラマ化への想いや、見どころなど、貴重なトークが満載となっている。

 対談後半では、内藤大助と伊藤淳史による1ラウンドのスパーリングの模様も公開。伊藤淳史の戦いぶりに注目だ。

■関連ニュース
中毒に注意! 宮崎吐夢と河井克夫による“シュールなプロモ”
「友達同士は親しさが裏目に」絶対に失敗しないルームシェア術
ディカプリオとの映画制作の日々を語る〜「The 11th Hour」監督インタビュー
オダジョー×岩松了「時効警察」コンビが語る新作映画の見どころ
一人暮らしの女性必見! 佐伯幸子が“守りの極意”を伝授