6割が満足!2007年夏のエンジニアボーナス平均72.3万円
大手企業の今年夏のボーナスは、企業業績の好調でかなり分厚くなっているという。それがエンジニア職種にどのように反映されているのかをTech総研が調査した。支給額の全体平均72.3万円のエンジニア満足度と、その使い道とは?

大手・中小の差はあるが、過去最高レベルのボーナス。おおむね結果に満足
日本経団連が7月18日に発表した2007年夏のボーナス交渉妥結結果によると、妥結額(加重平均)は91万286円と4年連続で過去最高を更新した。経 団連の最終集計としては初の90万円台。最近の大手企業を中心とする業績向上が、ボーナスにも反映された形になっている。
これを受けて 家電量販店や百貨店など小売業の夏商戦も前年を上回る売上高。秋葉原の大手家電量販店では、薄型テレビの販売台数が前年比2割増。夏休みの海外パック旅行 の申込数も、有名格安チケット代理店では、前年比26%増ということだ。今年の夏は、財布の入りも出も、ともに大盤振る舞いという感じがする。
Tech総研が行う恒例のエンジニア・アンケート調査(今回のパネルは25〜44歳のソフト・ネットワーク系技術者、電気・電子・機械などのハードウェア系技術者の1000人。平均年収584.4万円。平均年齢33.7歳)では、今年の夏のボーナスは全体平均で72.3万円となった。回答者が報告する昨年夏からのアップ額は、平均で5.4万円と、ボーナスの伸びはここでも確認できた。以下、詳しくアンケート結果をレポートする。

■製造業がIT・通信系を2割上回る
同じ技術職でも、職種や年齢、勤務先の規模、業種によって、ボーナス額に差があるのは当然のこと。まず職種別にみると、経団連調査にある90万円台を突破しているのは、「コンサルタント、アナリスト、プリセールス」(91.1万円)と、ソフトウェアの「研究、特許、テニクカルマーケティング、品質管理」(93.5万円)の 2つの職種分類だ。もともとシステム系、IT系のコンサルタント職は給与総額ではいつもダントツだが、今回は研究、特許などの専門職がこれに並んだ。企業 の戦略立案にかかわり、新技術・新製品の研究の最先端に位置する「インテリジェント系」職種がボーナスでも報われつつあるということがいえそうだ。
同じ「研究職」について、ソフトウェア・ネットワーク系とハードウェア系を比べると、ソフトがハードを大きく上回っている。しかし、これがソフト/ハードの一般的傾向かというとそうではない。職種全体を大きく「ソフトウェア・ネットワーク系」とハードウェア系」に分けると、前者が平均68.4万円、後者が72.3万円で、明らかに回路・システム設計、光学技術、制御技術などを含むハード系のほうが高くなっている。ボーナス額におけるハード優位の傾向はここ数年変わっていないが、背景には自動車、エレクトロニクスなど「モノづくり系産業」の好調があるとみられる。
このことは所属する企業の業種の違いを見れば、より端的に理解できよう。業種を「IT・通信系」と「メーカー(電気・電子・機械系)」に分けて見ると、前者が64.7万円であるのに対して、後者は78.6万円。2割以上の差がある。最近のモノづくり産業の勢いは、IT産業の成長を上回っていると、とりあえずは言えそうだ。

6割が満足!2007年夏のエンジニアボーナス平均72.3万円が知りたい人はコチラ!
 :
 :
この記事の続きはライブドアキャリアで

■関連リンク
livedoor キャリア