日本の家庭用ゲームの2007年の国内、外をあわせた出荷額が、06年の約2倍の2兆9364億円になり、過去最高だったことがわかった。ゲーム業界団体のコンピュータエンターテインメント協会(CESA、和田洋一会長)が08年7月14日に発表した。急伸した原因は、「PS3」「Wii」「DS」などのゲーム機ハードが売れたためで、海外への出荷は06年より約1兆円増えた。特に「PS3」はハード出荷額全体の38.9%を占めた。一方のソフトは06年よりも出荷額が約25%増加し8487億円。機種別出荷額シェアは「DS」が41.6%、「Wii」が27.7%、「PS3」は4.9%だった。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!