ギネスも知らない世界一!ニッチを極めた技術屋たち
エンジニアなら誰もが、かかわってみたい世界ナンバーワン、オンリーワンの技術開発。今回はニッチながらも“本物の最先端”を手がけている企業に突撃。テクノロジーのトップランナーと呼ばれる人々の熱いハートをレポートする。

世界をリードする技術系企業に出会いたい
景気回復に伴い、日本企業が好調さを増している。業績が上向きというだけではない。技術開発をみてもIT、電子、自動車、材料など、多くの分野で「世界一」という言葉が飛び交っており、テレビ、新聞、雑誌などのメディアも日本企業のパワーを連日のように報じている。
が、本当に日本における技術開発は、手放しで喜べるような状況なのだろうか。量産品ではない“本物の最先端”を手がけている科学者、識者からしばしば聞 かれるのは、「日本の有力企業は儲けが出にくい先端技術には冷淡」「バイオやエネルギーなど、大事な分野で後れを取っている。日本は大事なニッチ技術を育 てられない」といった声だ。
そこで私、Techスナイパーは考えた。「日本においてニッチな最先端技術をモノにして、世界をリードしている企業はどんな仕事をしているのだろうか」 と。さっそく興味本位で資料をあたってみると……。厳しい環境のなか、元気に研究開発をやっているニッチ企業はやはり存在した。まだまだ日本の未来は捨て たモンじゃない!さっそく現場を訪問し、テクノロジーのトップランナーたちに話を聞き、元気を分けてもらった。

■世界一の技術に携わるエンジニアたち
世界を圧するニッチな先端テクノロジーという、いささかマニアックな基準で選んだのは、プラネタリウム業界において世界ブッチギリの性能と世界シェア約4 割を達成した五藤光学研究所と、ナノテクノロジーの研究開発に不可欠な電子ビーム描画装置のほぼすべてを作っているエリオニクスの2社。世界最先端の研究 開発スピリットを探る。

ギネスも知らない世界一!ニッチを極めた技術屋たちが知りたい人はコチラ!
 :
 :
この記事の続きはライブドアキャリアで

■関連リンク
livedoor キャリア