米Yahoo!は7月10日、ゲームサイト“Yahoo! Games”で、広告付きゲームの無料ダウンロード提供を行うと発表した。

 ダウンロード型のカジュアルゲームに挿入されるのは、プレロール、ミッドロール、ポストロールの3種類の動画広告。ゲーム内広告の技術的サポートは、Double FusionとNeoEdgeが行う。

 広告が入るゲームは「カジュアルゲーム」と呼ばれる簡単に遊べるタイプのもので、35〜54才の女性利用者が多いという。Yahoo!は、2008年末までに400以上の広告付きゲームを提供するが、広告なしの有料ダウンロードもあわせて提供するとしている。

【関連記事】
無料カジュアルゲームの利用者の66%が女性、圧倒的に「パズル」が人気【ニフティ/スクウェア・エニックス調べ】
ニフティとスクエニ、「Game@nifty」でゲーム内広告の配信をスタート
デジタルフォレスト、アクセス解析ツールでオンラインゲームユーザーの嗜好をつかむカプコンの事例を公開