一番左から宮澤、柴田、秋山、弘中

写真拡大

10日(木)、都内ホテルにて、7月21日(祝・月)大阪城ホールで開催する『DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦』の追加対戦カード発表記者会見が行われた。

本大会では、既にライト級(70kg以下)トーナメント準決勝戦として、エディ・アルバレス×川尻達也、青木真也×宇野薫の2大カードに、山本“KID”徳郁がジョセフ・ベナビデスと戦うフェザー級の一戦が決定している。

この日の発表では、KIDと同じくDREAM初参戦となる秋山成勲が、秋山戦を直訴した柴田勝頼と戦うワンマッチに加え、2006−2007年とUFCに参戦していた弘中邦佳が、ケージフォースで第4代修斗世界ライトヘビー級王者・山下志功を下した新鋭・宮澤元樹と対戦するウェルター級ワンマッチも決まった。

その他にも、ライト級トーナメントリザーブマッチとして、ヨアキム・ハンセン×ブラックマンバの好カードに、マーク・ハントの正式参戦(対戦相手は後日発表)も発表された。