スクウェア・エニックスが運営する「バーチャルワールド」で行われたイベント「シアタースペシャルプレビュー」にて、新作ゲーム「チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者」と「シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 DS+」の新作発表が行われました。対応ハードはどちらもニンテンドーDSで、2008年内の発売予定となっています。

詳細は以下から。これがアバターで歩き回れる「バーチャルワールド」の世界。右上の奥に見えるのが、ムービーイベントの開催される映画館。


町中には他の新作ゲームポスターも貼られていました。


会場内はこんな感じ。


時間になると橋本EXプロデューサーと横山プロデューサー、そしてゲームの主人公となるチョコボが登場して、ゲーム紹介をしてくれました。


イベントで発表されたうちの1作品、2008年秋に発売予定の「シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+」。


Wiiで発売された「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」に新たなシド視点のストーリーを追加。




さらに追加されるチョコボの新ジョブは人気投票によって決められるとのこと。ノミネートしているジョブは赤魔道士・機工士・召喚士・ヒーローX・吟遊詩人・すっぴん(その他)の6種類で、投票は本日から8月8日の正午まで受け付けられています。


発表されたもう1つの新作は「チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者」。こちらは2008年冬に発売予定。


2006年に発売された「チョコボと魔法の絵本」の世界を舞台に白魔道師のシロマや黒魔道師のクロマといった仲間たちと冒険を繰り広げるアドベンチャーゲーム。


様々なミニゲームは前作よりもさらにパワーアップしているそうです。


新作のティザーサイトは以下。現在はほとんど情報がありませんが、順次公開されていく予定となっています。

シドとチョコボの不思議なダンジョン『時忘れの迷宮』DS+

チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者

・関連記事
発売から13年、ついに名作RPG「クロノ・トリガー」がニンテンドーDSで復活 - GIGAZINE

スクウェア・エニックスがiPod専用の本格RPG「ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律」を発売開始 - GIGAZINE

ソニー、公式ページに謎のカウントダウンと「orz」の文字 - GIGAZINE

記事全文へ