「ドローン トゥ ライフ」のゲーム画面

写真拡大

   アガツマ・エンタテインメントはニンテンドーDS用のゲームソフト「ドローン トゥ ライフ 〜神様のマリオネット〜」を2008年秋に発売する。

   「ドローン トゥ ライフ」は闇に覆われた小さな村を再建するため、主人公が冒険の旅に出るというストーリー。村人と会話をしながら物語を進める「アドベンチャーパート」と、横スクロールステージの「アクションパート」からなる。

   最大の特徴は、ゲームに登場するキャラクターや武器、乗り物、建物などを自分でデザインできること。ニンテンドーDSのタッチペンを使って、キャラクターやアイコンを描くことができる。絵を描くのが苦手という人でも、用意されたテンプレートやスタンプを使えば、気軽に楽しめるという。

   北米地域では2007年9月からTHQ社より販売されていて、50万本以上の販売を記録するヒット作となっている(2008年7月2日現在)。

   価格は5040円。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!