TUFシリーズからUFCの頂へと登りつめたライトヘビー級新王者フォレスト・グリフィン

写真拡大 (全8枚)

現地時間7月5日(土)、ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターでは『UFC86:JACKSON vs GRIFFIN』が行われた。

TUFシーズン7のコーチ対決でもある王者ランペイジ・ジャクソン×挑戦者フォレスト・グリフィンの一戦は、両者共にTUFの収録&中継の兼ね合いから、昨年9月以来のファイト。ランペイジは『UFC75』で難敵ダン・ヘンダーソンを退け、グリフィンは同じ月に開催された『UFC76』でUFC初参戦となったマウリシオ・ショーグンから劇的な勝利を挙げている。

この3ヶ月間、週一でスパイクTVの放送もあってか、日本では伺いしれないほどの興奮状態で迎えたメインイベント。試合では、1Rからランペイジのカウンター右アッパーが決まり、ダウンを喫したグリフィンが、2Rに怒涛の反撃。1Rの鬱憤を晴らすかの如く、一方的な展開で優位に立つと、その後は、激しい殴り合いを繰り広げながらも、4Rには、下から三角絞めを狙ったグリフィンに、ランペイジがパワーボムを披露するという派手な攻防も織り交ぜ、最後まで一進一退のタフマッチが続いた。

5Rを戦い抜いた両者。最後は、判定勝利をモノにしたグリフィンがライトヘビー級新王者となり、遂にTUFシリーズからUFCの頂へと登りつめた。その一方で、敗れたランペイジも、清々しい表情を見せ「また、戻ってくる」とコメント残してオクタゴンを去った。

また、注目の2大ライト級戦。タイソン・グリフィン×マーカス・アウレリオの一戦は、アウレリオのサブミッションを凌いだタイソン・グリフィンが打撃で押し切り、価値ある判定勝ち。1月のライト級タイトルマッチでBJ・ペンに敗れたスティーブンソンとグレジソン・チバウの一戦は、白熱の好勝負の末、スティーブンソンが得意のフロントチョークで快勝した。

更に、2月に6年ぶりのオクタゴン復帰を果たしたヒカルド・アルメイダの復帰第2戦は、目下連勝中のパトリック・コーテに手痛い敗戦。ウェルター級主力ファイターの一人、ジョシュ・コスチェックは、クリス・ライトルをエルボーで血だるまにして勝利を挙げた。全試合結果は下記の通りとなる。

◇関連リンク
リデル、ショーグン衝撃の敗戦!『UFC76』全試合結果
ジャクソン×ヘンダーソン『UFC75』詳細レポート!
UFC86直前!マーカス・アウレリオ インタビュー

UFC86:JACKSON vs GRIFFIN


第9試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ/5分5R
【王者】
×ランペイジ・ジャクソン
(アメリカ)
5R終了
判定
詳細はコチラ
【挑戦者】
フォレスト・グリフィン○
(アメリカ)
第8試合 ミドル級/5分3R
○パトリック・コーテ
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ヒカルド・アルメイダ×
(ブラジル)
第7試合 ライト級/5分3R
○ジョー・スティーブンソン
(アメリカ)
2R2分57秒
フロントチョーク
詳細はコチラ
グレジソン・チバウ×
(ブラジル)
第6試合 ウェルター級/5分3R
○ジョシュ・コスチェック
(アメリカ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
クリス・ライトル×
(アメリカ)
第5試合 ライト級/5分3R
○タイソン・グリフィン
(アメリカ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マーカス・アウレリオ×
(ブラジル)
第4試合 ヘビー級/5分3R
○ガブリエル・ゴンザガ
(ブラジル)
1R1分57秒
キムラアームロック
ジャスティン・マッコリー×
(アメリカ)
第3試合 ライト級/5分3R
×ジョージ・グルジェル
(ブラジル)
1R4分48秒
三角絞め
コール・ミラー○
(アメリカ)
第2試合 ライト級/5分3R
○メルヴィン・ギラード
(アメリカ)
1R36秒
TKO
詳細はコチラ
デニス・シバー×
(ドイツ)
第1試合 ライト級/5分3R
○ジャスティン・ブショールス
(アメリカ)
1R3分57秒
リアネイキドチョーク
コーレー・ヒル×
(アメリカ)