7組のクリエイターがさまざまなケンシロウ像を描き出す

写真拡大

   人気コミック「北斗の拳」の連載開始25周年を記念して、7組のデザイナーが漫画のキャラクターを新たにデザインした作品を発表するイベントが2008年7月7日午後7時から、東京・タワーレコード渋谷店で開かれる。

   CGアニメ「The World of GOLDEN EGGS」の監督を務める文原聡さんや、「トーフ親子」のフィギュアやアニメで知られるデビルロボッツのキタイシンイチロウさんなど、7組のクリエイターが、北斗四兄弟(ケンシロウ、ラオウ、トキ、ジャギ)を独自の視点でデザイン。展覧会やTシャツの販売を通じて、作品を紹介していく。

   イベントでは、7組人の作品を発表するとともに、公開インタビューを実施する。会場には、北斗の拳の作者・原哲夫さんも登場する予定だ。

   イベントに参加するためには、タワーレコード渋谷店でDVD「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」(限定版または通常版)を購入する必要がある。問い合わせは、タワーレコード渋谷店(03-3496-3661)。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!