ソニーが7月2日に公開したPS3の最新アップデートに不具合があることが明らかになったそうです。これにより一部のPS3が起動しなくなる場合もあるとのこと。

※15:55に追記しました

詳細は以下の通り。
PlayStation.Blog >> Firmware v2.40 status

この記事によると、先日公開されたPS3のシステムソフトウェア「バージョン 2.40」において、XMBが起動しなくなる不具合があることが明らかになったそうです。すでにアメリカのソニー・コンピュータエンタテイメントは公開を中止しています。

videogaming247 >> Blog Archive >> PS3 owners complain of Firmware 2.40 freezes

そしてXMBが起動しなくなった場合、背景の波だけが表示されるようになるようです。

ちなみに先日公開されたシステムソフトウェア「バージョン 2.40」は、ハードディスクや記録メディアに保存した動画を自動的に画面サイズに合わせて再生するアップコンバート機能や「フレームノイズリダクション」「ブロックノイズリダクション」に対応したほか、ゲームの達成状況によってトロフィーを集められる機能などに対応しています。

PlayStation.com(Japan)|PLAYSTATIONR3 情報|システムソフトウェア アップデート

なお、日本では同様の症状が報告されておらず、北米版のPS3のみで発生している可能性も考えられますが、現在日本のソニー・コンピュータエンタテイメントに確認しているところなので、詳細が判明次第追記します。

・15:55追記
ソニー・コンピュータエンタテイメント広報部によると、国内でも一部で同様の現象が発生したため、アップデートを一時中止することにしたそうです。現在原因を究明しており、アップデート再開のめどが立ち次第、以下のリンク先で告知するとのこと。

PlayStation.com(Japan)|PLAYSTATIONR3 情報|システムソフトウェア アップデート

・関連記事
ソニー、PS3の新モデルを近いうちに発表か - GIGAZINE

現行のPS3にPS2との互換機能がアップデートで提供されるのか、ソニーに聞いてみました - GIGAZINE

ソニー、公式ページに謎のカウントダウンと「orz」の文字 - GIGAZINE

ソニー、40GBモデルの新型PS3にもアップデートでPS2との互換性を搭載か - GIGAZINE

ソニー、ゲーム機能などを搭載した携帯機器向けのタッチスクリーンに関する特許を申請 - GIGAZINE

ソニー、PSPソフトの違法コピーについて対抗策を導入へ - GIGAZINE

記事全文へ