はげ頭がまぶしすぎるという理由でパスポート写真が却下に

パスポート写真を申請したことがある人ならご存知でしょうが、写真には割と厳しい規格があり、その条件を満たしていないと通りません。

パスポート写真用のフォトブースが出来てからは手軽に撮れるようになってきましたが、イギリスで42歳の男性が提出した写真が却下されてしまいました。

Mirror紙によると却下されたのは、3人の子供を持つイアン・ダウンさん42歳で、パスポート写真は証明写真用のフォトブースで撮影したものでした。

その却下された理由が、ハゲた頭に反射した照明の光がまぶしすぎるというもので、イアン・ダウンさんは撮り直しを強いられたというものです。

職員が言うには、この写真が原因で入国できない国もあるということらしく、仕方なく別の写真を撮ったそうです。

新たに撮った写真も光が反射していましたが、なんとか申請できたということです。

どこの国のパスポート写真も大差ない条件ですが、さすがに思わぬところからくる反射についての記載はなく、却下理由としてユニークではあります。

テロリストのせいで年々厳しくなっており、それをジョークにした記事「テロリストとインド人を一緒にしないで(動画)」がありましたが、さすがに頭の薄さが写真に影響するというのは不可抗力ですよね。

イギリスでは現在740万人が毛の薄さに悩んでおり、35歳までに40%が脱毛で毛を失うというほど多いらしいです。

関連記事