たばこ1箱1000円に賛成70%、反対30%
 livedoor ニュースでは、「たばこ1箱が1000円になるとしたら…あなたは賛成?反対?」というテーマで世論調査を行いました。

 結果は、70%の人が賛成、30%の人が反対という形となりました。

たばこ値上げ? : 今回の調査の背景

 与野党がそろい踏みでたばこ税の大幅増税に向けて動き出しています。
 2009年度に基礎年金の国庫負担率が現在の3分の1から2分の1に引き上げられることを受けて、2.3兆円の財源捻出が必要となる中、その有力な候補として、たばこの増税に白羽の矢が立っています。
 たばこの大幅な増税を通せば、総選挙を前の消費税率の引き上げを先送りできることから、与党も野党も反対は出ないだろうという予測もあるようです。
 産経新聞の3月4日の「正論」で日本財団の笹川陽平会長は、たばこ1箱の値段を平均1000円に値上げし、現在の消費量が維持されるならば、消費税4%に相当する9兆5000億円の税収増が見込まれると述べています。
 増税による値上げで消費量が3分の1に減っても3兆円の税収増が見込めるそうです。

コメントでの意見
投票された人の意見を見てみましょう。
コメントを読む

たばこ1箱1000円に賛成という人の意見
 まずは70%の人が答えた賛成の意見を見てみましょう。
「なんでたばこ吸う人が多く税金を納めるのか?とか書いている人がいるが、車乗る人は多くの税金を納めるし、酒を飲む人も多く税金を納めている。 これを機に煙草を止めて健康になろうという意見はないのか?」、「タバコの値段を上げて禁煙を勧めるならいいのですが、その増収分を税金にするのは反対です。タバコを吸わない人は税金を納めず、同じサービスを受けられると言えうのも変な話。」、「問題なのは、増やしたタバコ税の使われ方ではないでしょうか?増やすのはいいけど、政治家の利権に利用されないように使われ方をちゃんと開示する制度をつくる必要があると思います。」、「愛煙家の方には申し訳ないですが、嫌煙家の私にとっては、これで少しでも喫煙者が減ればうれしい。元々、無くても命に関わりがあるわけじゃなし…。」、「吸っている本人よりも、まわりの人の方が被害が大きいタバコ。私は麻薬よりもタバコを法律で規制してもらいたいくらいです。」、「タバコのために無駄な医療費が使わされているのだから、税収アップと2重の意味で賛成。」、「麻薬の一種であるという点を誰も指摘しないが、煙草はソフトドラッグの一種であるということを認めないのは税収が減るからか。」といった意見がよせられました。

たばこ1箱1000円に反対という人の意見
 一方で30%のたばこ1箱1000円に反対という人の意見では、「海外と比べても安いのは分かる。 でも何故喫煙者から税金を取るのか疑問。百歩譲ったとしても、1000円という価格設定に疑問。600円くらいにすればいいと思う。」、「値上げしても苦情が少ないところから搾取しようとするのは、やり方が汚すぎる。」、「まずは税金の無駄遣いを全て無くしてから。それが出来ずに増税は納得いかない。タバコ増税も道路特定財源の復活もタバコ吸わないから賛成。車乗らないから賛成って回答ばっかりだね。自分には被害無いから賛成ってみんな無責任すぎるんじゃないの?もし酒税増税でビール1本1000円とかになっても賛成って言えるんだろうか?」、「マナーが悪いと仰っている方がいますが、マナーと値上げは別問題です。 現在、300円前後のタバコが、いきなり1000円と言えうのは、おかしな値上げです。考えられません。 ガソリンは10円・20円の値上がりで大きな騒ぎになっているのに。」、「法外な値段をつけている、ブランド品の消費税を上げたら如何よ。贅沢品に多額の税をかける累進課税を提案する。」、「酒と同じく、庶民のささやかな楽しみについて、「タバコが1000円になってもヘビースモーカーを続けられる」ような立場の人達によって、楽しみを奪われるのでは、たまったものではない。」といった意見がよせられました。

賛成、反対の意見を抜粋してみましたが皆さんはどう思いますか?

反対意見では、金額の上がり幅を問題にする人が多く、
賛成意見では、タバコの弊害や嗜好品であるタバコの課税は当然という意見が多い。

賛成(非喫煙者)と反対(喫煙者)の価値観の違いがタバコ問題の根底にあることが明確に見えてきたようです。