キリスト教はあと100年で消える!?

イギリスの意識調査で、100年以内にキリスト教が消えてしまうと思っている人が、過半数を超えることがわかりました。

本当にキリスト教は消えてしまうのでしょうか…。

Telegraphによると、100年後も存続していると思うと答えた人は3分の1よし少し多いだけのようです。

4割の人々はキリスト教でいることを望んでおり、同じく4割の人々が無宗教を希望しています。

最近の人気は仏教で、意識調査に答えた人のうち9%が、イスラム教やユダヤ教を差し置いて仏教を選択しているそうです。

少し前に報告された調査では、教会に通う人が減少の一途をたどっているようです。

それに対してイスラム教は人数が増えており、現在の100万人から2035年には196万人に膨れ上がると予測されています。

欧米では大きな反響や議論を呼び、「2千年も続いたものがそんなに簡単に消えたりしない」などのコメントが寄せられていました。

日本ならともかく、イギリスの意識調査で「キリスト教が無くなる」「40%が無宗教希望」という結果は驚きですね。

また、仏教が人気と聞いて意外に思う人も多いかと思いますが、海外のサイトには禅(zen)に関するものを良く見かけますし、ダライ・ラマチベット仏教も欧米での人気は高いです。

チベット問題で欧米の反発が強いのも、仏教への注目度と関係あるのかもしれませんね。

関連記事