F1フェラーリのブラジル人ドライバー、フェリペ・マッサが、第8戦フランスGP(決勝22日)への意気込みを語った。

昨季のフランスGPでは2位となり、首位のライコネンと共にフェラーリの1、2フィニッシュを達成したマッサ。「昨季のように1、2フィニッシュを達成することを願っている。(ライコネンとの)順位が逆である方が望ましいが…。今週末は問題なく力を発揮できることを願っている。マニ・クール・サーキットは好きなコースの1つだ。昨季はポールポジションを獲得し、決勝では2位となっている。2006年も3位となり、表彰台に立った。きれいなラインのサーキットだと思う」と相性の良さをアピールした。