2008年6月19日(木)から22日(日)まで東京ビッグサイトにて東京おもちゃショー2008が開催されます。一般公開日は21日、22日となっており、4日間で12万人の人手を見込んでいる巨大なイベントです。そこでいろいろな面白いおもちゃが出展されるということなので、さっそく東京まで行ってきました。

バンダイのブースで見つけたのは水玉を転がして遊ぶ「aqua drop」というおもちゃ。表面に超撥水加工が施されていて、水がきれいな球体になってまるでボールのようにころころと転がるようになっているというもの。

ムービーを撮影してきたので、どれぐらいすごいものなのか実物をご覧下さい。
[超撥水ゲーム]aqua drop -アクアドロップ-

ブース風景。ずらりとaqua dropが並んでいます。


超撥水加工により、通常の水の1.5倍の撥水性を実現、板の表面を水が滑っていきます。


まさに"超"撥水というのがわかる。


未加工の板と超撥水加工済の板に水を垂らして比較したムービー。


ゲームは全部で4種類。


オレンジ色のものが「ヒカリ」。最も難易度が低く、まずは水の動きを楽しんでもらおうというコンセプトです。




白色は「カワラ」。レンガ状にブロックが配置されていて、上から下に落ちる水玉がスライムのような形になるのを楽しみます。




青色が「クボミ」。水玉同士がくっつき合ったり離れたりするため、並べるのが難しい。




黄色は「ハモン」。中央部分まで水玉を転がしていけばクリアなのですが、難易度は最も高い。




イメージとしては、昔あった銀玉をゴールまで転がしていくおもちゃみたいな感じで、銀玉の代わりに水玉を転がしていくわけです。水はおもちゃの横からスポイトで注入する形になっており、量は自分で調節することができます。もし水の量を減らしたいのであればOUTと書いてある穴から水を出せばOK。

発売時期は7月下旬からで、価格はそれぞれ1575円(税込)です。

・関連記事
球をつついてゴールまで転がしていくゲーム「オシダマ」 - GIGAZINE

球を転がしてゴールまで運ぶ倉庫番のようなゲーム「Silversphere」 - GIGAZINE

ボールを壁などにぶつけずゴールまで移動させる「Ball Revamped 5」 - GIGAZINE

壊れやすいオーブをゴールまで運ぶゲーム「ORB 2」 - GIGAZINE


記事全文へ