2008年08月7日に人気RPGシリーズ「テイルズ オブ ヴェスペリア」が発売されるなど、日本でも存在感を発揮しつつあるマイクロソフトのXbox360ですが、海外でPS3の販売台数が伸び始めたことなどを受けて値下がりするかもしれないそうです。そしてHDDは60GBになるとのこと。

詳細は以下の通り。
New 60GB Xbox 360 at E3 along with a Price Cut | CHIPNIT

この記事によると、2008年7月15日から17日にかけてアメリカのロサンゼルスで開催されるゲーム関連の大規模な見本市「E3(Electronic Entertainment Expo)」の翌月にあたる8月に、マイクロソフトがXbox360を値下げするかもしれないそうです。

これは売れ行きを伸ばし始めたPS3に対抗することなどを視野に入れた措置で、製造コストが下がったことも値下がりに寄与しているとのこと。また、HDDも60GBになるとしています。

新たに登場する60GBモデルが20GBモデルに取って代わるのであれば、現行モデルが40GBのみとなっているPS3に対して優位に立つことができますが、実際に値下がりした場合、はたしてソニーは対抗策を打ち出してくるのでしょうか。

・関連記事
マイクロソフト、Xbox360へのBlu-ray搭載を改めて否定 - GIGAZINE

Xbox360を死亡させる耐久実験ディスクが流出中 - GIGAZINE

ソニーの「PS4」やマイクロソフトの次の「Xbox」が見えてきました - GIGAZINE

マイクロソフト、アジアでXbox360を最大20%近く値下げ - GIGAZINE


記事全文へ