橋下知事の“聖域”なき構造改革を支持90%、不支持10%
 livedoor ニュースでは、「橋下知事の“聖域”なき構造改革を支持しますか?」というテーマで世論調査を行いました。

 結果は、90%の人が支持、10%の人が不支持という形となりました。

橋下知事の“聖域”なき構造改革 : 今回の調査の背景

 橋下大阪府知事が、5兆円以上の負債残高を抱える大阪府財政を立て直すべく打ち出した経費削減策が、いたるところで反発をかっています。
 橋下大阪府知事は、大阪府の財政再建のために「財団法人に寄付44億円の返還要求」、「来年度からの医療費助成の削減」など大幅な対策を打ち出しています。
 導入が見送りとはなりましたが大阪府警の人員削減や35人学級廃止などの提案なども記憶に新しいところです。
 こうした過激とも言る思い切った財政の引き締め案に対して、改革の対象者からは「強引過ぎる」といった反発の声も上がっています。 
 こうした反発意見の一方で、積極的に改革に臨んでゆくべきだという擁護の声もあるようです。

コメントでの意見
投票された人の意見を見てみましょう。
コメントを読む

橋下知事の“聖域”なき構造改革を支持する人の意見
 まずは90%を占めた支持するという人の意見を見てみましょう。
「自分の身ばかり守ろうとする人達の反対意見などに惑わされず、自分の考えを貫き通して欲しいと思います。辛く、大変なことだと思いますが、橋本知事ならできると信じてます。」、「大阪府民として当然、支持をする。今無理をしてでもやらなければ、取り返しが付かなくなる。」、「手本を見せてください。全て3割カット、職員も給与も。実行したら橋下知事英雄です。」、「正直、まだまだ甘いと思います。もっと公務員の皆さんに国民の痛みを知ってもらうために頑張って欲しいと思います。」、「ネットで大阪の教職員が手取り34.5万円を薄給と言って橋本知事の改革を非難しているが、全く認識が足りません。」、「”聖域”と言えば聞こえはいいが、要するに役人どもが己の懐を満たすために地方自治体から勝手にかすめ取ってる金のことだろう?」、「最終手段を使わないといけない状況までに追い込んだのは誰か?橋本知事を選んだのは誰か?この二つを考えれば彼の考えは否定されるものではないと思うけど。」といった意見がよせられました。

橋下知事の“聖域”なき構造改革を支持しない人の意見
 一方で10%の不支持という人の意見では、「行政の効率化がなされることは良いことではあるが、この景気後退局面にデフレ政策を打つことは、全く逆の処置を行っている。」、「県民感情をたくみにあおってステレオタイプな公務員たたきをしている。」、「文句の言わなさそうなところから締め付け、警察や財界など文句を言うところは相も変わらず聖域ですか。」、「彼のしていることは小泉改革のミニチュア版みたいなもの。 庶民のうっぷんを晴らす形で威勢のいいことを言い、公務員バッシングをし、無駄をはぶくと言って、その実は府民生活に深く関わる部分までばっさりカット。」、「「聖域なき構造改革」、このもはや手垢の付き過ぎた言葉に惹きつけられる日本人はまだいるのだろうか? この勇ましい言葉にまんまとだまされた結果が今の状況だと言うのに。」、「この人の予算削減ぶりは行政としての人命や教育に関わる分野にまで及び、結果的に”非人道的過ぎる”とレッテルを貼られた段階で先送りした・・・」といった意見がよせられました。

総括 : 圧倒的多数で支持
 今回投稿された結果を見ると橋下知事の“聖域”なき構造改革に賛成という人が多数を占めています。

 橋下知事の支持率も高い数値を維持しています。圧倒的な人が橋下知事の構造改革を支持し、府職員は甘えすぎといった意見が多くよせられています。また、民間企業だったら倒産しているといった厳しい意見も多数よせられました。

 ただその中でも、少数ながら小泉元首相のときと同じ「聖域泣き構造改革」という言葉やイメージをダブらせることには拒否感を抱いている人もいるようです。

 なにかと話題も多い大阪と橋下知事ですが、今後の構造改革での手腕と府職員の対応が注目されます。

■その他の今週締め切った世論調査一覧
洋画を「字幕」と「吹き替え」どっちで見る?
都道府県と道州制のどちらが良いと思いますか?
橋下知事の“聖域”なき構造改革を支持しますか?
「せんとくん」、「まんとくん」は奈良県のアピールに貢献できると思いますか?
生命の危険に直結する問題として肥満を意識したことがありますか?
オバマ氏とマケイン氏、どちらの候補のほうがより日本にメリットがあると思いますか?
高級ブランド、好きですか?

最新の世論調査はこちらから
■livedoor ニュースのトピックス担当がお勧め情報を配信する無料の「ドア日新聞」はこちらから
■新情報をいち早く!トピックスの最新の状況がわかる「livedoor ニュース:担当者blog」はこちらから