F1フェラーリーのキミ・ライコネン(フィンランド)が、カナダGPで初優勝を収めたBMWのロバート・クビサ(ポーランド)が今季のタイトル争いに加わると予想した。

カナダGPでニック・ハイドフェルドが2位となり、BMWが1、2フィニッシュしたことについてライコネンは「BMWは今季これまで全てのレースでポイントを稼いでいることもあり、彼らがタイトル争いに加わらないと考える人はいないはずだ。クビサはマッサと4ポイントそして俺とは7ポイント差を付けて現在ポイントランキング首位を走っている。だがこれから我々のマシーンのコンディションが改善され、再び勝利を収めることができると確信している。シーズンはまだ長いので、挽回は可能だ」と巻き返しを誓った。