テレビ朝日は朝日グループとしての連携を強化するため、朝日新聞社の株式38万株を取得したことを発表。メディア間競争を勝ち抜くため、第三者との大胆なアライアンスも視野に入れているという。

テレビ朝日は、6月6日の取締役会で、朝日新聞社と事業連携を強力に推進する新しい提携の枠組みに関する覚書を締結した。今回の提携によって、主軸となる放送事業と新聞事業のシナジー効果を追求。第三者との大胆なアライアンスも視野に入れ、新規ビジネスに両社一体となって挑戦するとしている。

 テレビ朝日はこれまで朝日新聞社の株式を保有していなかったが、6月6日付けで380,000 株(保有比率11.88%)を239億4千万円で取得。また、朝日新聞社が保有するテレビ朝日の株式35.92%について、来年以降の朝日新聞社の株主総会で、テレビ朝日が議決権を行使できるよう、保有当社株式の比率を25%未満に引き下げる協定書を交わしている。

【関連記事】
日経・朝日・読売が業務提携、ネット時代に新聞が生き残る道とは
日経・朝日・読売、3社で「インターネット事業組合」設立
アサヒコム、iPod touchやW-ZERO3向けニュース配信「i.asahi.com」スタート

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

博報堂、雑誌広告メインの広告会社「博報堂マグネット」設立[2008年06月09日]

米ソニー、液晶テレビ「BRAVIA」でYouTubeを視聴可能に[2008年06月09日]

ロックオン、「EC-CUBE」にレコメンドエンジンをASPサービスとして提供[2008年06月09日]

女性ブロガー特化型クチコミサービス「F1BR」と「主婦BR」[2008年06月09日]



■記事全文へ