UFC85で、ケビン・バーンズと対戦するホアン・ジュァカォン・カルネイロ。その強さには定評があるナイスガイ

写真拡大 (全2枚)

6月7日(土・現地時間)、ロンドンのO2アリーナで行われるUFC85。チャック・リデル×ラシャド・エヴァンズの一戦がリデルの負傷でキャンセルとなったが、ズッファはマット・ヒューズとチアゴ・アウベスというカードをマッチアップし、すぐに対応を果たした。

UFCファンなら、実に楽しみな粒ぞろいのカードが並んだが、残念ながら日本から出場予定だった長南亮の負傷欠場が決定した。

長南の対戦相手で、かつて日本のDEEPで、彼に敗れ再戦の日が来ることを熱望していたホアン・ジュカォン・カルネイロは、この一報に耳を疑ったという。
ジュカォン・カルネイロの心境を尋ねてみた。

■インタビューは次ページへ