第二のアキバとなるか!? 埼玉県がオタク文化で観光PR

写真拡大 (全2枚)

 今年4月、埼玉県公式の“一風変わった”観光サイトが誕生した。その名も「埼玉ちょ〜でぃーぷな観光協会」……トップページにはアニメ『らき☆すた』や『仮面ライダー電王』の画像が並んでいる。

 実は、埼玉県はアニメの舞台や特撮のロケ地として使われることが多く、同サイトではそういったオタク文化に縁のあるスポットを観光地として紹介しているのだ。そのほか各地域や特産品を象徴する「ゆるキャラ」も紹介されているなど、ユルい感じながら埼玉県の“本気”がうかがい知れるサイトになっている。

「埼玉県には、残念ながら全国的に有名な観光資源が多くはありません。そこで、視点を変えて、決して有名でなくても、埼玉らしい魅力的な観光スポットがたくさんあることを発信していきたいと考えました」(埼玉県産業労働部観光振興室・山本さん)

 4月1日の開設から約3週間で、総アクセス数が235万件を超えるほどの人気を獲得。それにしても、なぜ埼玉はこんなにもオタク文化とのつながりが深いんでしょう?

「東京のアニメ専門学校などに、通学圏内である本県出身者が多く通っているからではないでしょうか。また、『らき☆すた』や『クレヨンしんちゃん』などの日常生活を描いた作品の舞台になることが多いので、本県の住環境が描きやすいのだと思います」(同)

 サイト名には「“知る人ぞ知る”埼玉の魅力をPRしたい」という意図が込められているそう。住む人はもちろん、オタクにも優しい埼玉の今後に大注目!
(アボンヌ安田)

埼玉ちょ〜でぃーぷな観光協会
「アニメ課」「エンタメ課」「ロケーション課」「面白スポット課」「ゆるキャラ課」の5つに分けられたカテゴリーは、どれも見応え十分。サイト名をあえて手書きにしてユル〜い感じを出すことで、親しみやすさを表現したんだとか。http://www.sainokuni-kanko.jp/deep/

【関連記事】 本音はやっぱりオタ嫌い? MSN産経の二重掲載と“?”な対応
【関連記事】 京都ハジマタ\(^o^)/ 「うじゅたまうじゅりんぱ」で萌え起こし
【関連記事】 進化する萌え 今度は「アホの子」
【関連記事】 角川デジックス社長に聞く“MAD解禁”宣言の真意
【関連記事】 川田亜子、最後の生出演は「自殺未遂ルポ」だった……
【関連記事】 和製・ビヨンセ渡辺直美が同棲中!! お相手は……?
【関連記事】 やっぱり休刊決定! 「『ヤングサンデー』休刊を検討」の真相
【関連記事】 加護亜依復帰の仕掛人 梨元勝に「あの噂」を直撃
【関連記事】 アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中
【関連記事】 川村ゆきえが巨乳FBI捜査官に 恋人の影もチラリ?
【関連記事】 「意外と胸も大きいんです」 “日本一の美尻”渡辺万美に迫る!
【関連記事】 白人U-15美少女たちがアキバホコ天に降臨! 街は騒然!?
【関連記事】 愛川ゆず季の100センチおっぱいの乳首って、どうなってるの?