任天堂は、携帯型ゲーム機ニンテンドーDSをパブリックスペースで利用できる「ニンテンドースポット」の実験サービスを5月27日からスタートした。

今回実験に参加するのは、日本マクドナルドとNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)の2社。世田谷区と杉並区にあるマクドナルド21店舗では、ニンテンドーDSの利用者に対してニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、5月27日から6月末日まで無線通信機能により無償配布する。NTTブロードバンドプラットフォームも、つくばエクスプレス(秋葉原〜つくば)の全20駅の構内と列車内(2000系列車)で、2008年5月27日から12月28日まで、「ニンテンドースポットビューア」の無償配布を実施。

 これによって、店内でニンテンドースポットビューアを使用して電源を切るまで、マクドナルドのキャンペーンページやNTTBPのポータルサイト「Wi-Fine for DS」を閲覧したり、任天堂のサーバからDSソフトの体験版をダウンロードすることができる。

 任天堂は「ニンテンドースポット」によって、DSを持ち歩くことで新しい利用シーンの創出にチャレンジし、プラットフォームとしてのDSの活性化を図るとしている。

【関連記事】
松井証券、ニンテンドーDS、PSP、iPod touchでもモバイルトレードを可能に
日本マクドナルド、「かざすだけで注文できる」おサイフケータイを使った新型クーポンを初導入
夏のアイスコーヒーにもマクドナルド旋風? 1か月半で3000万杯を突破した「プレミアムローストコーヒー」をアイスで展開

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

NHK、YouTubeに高画質対応チャンネル開設[2008年05月28日]

プロ野球オールスターゲーム ファン投票今年は1日1回のみ[2008年05月27日]

Webプロデューサー・プランナーの平均年収は552万円、ネット関連業界は若年層も高水準の平均年収を実現[2008年05月27日]

少年ジャンプの歴代人気キャラが駅貼りポスターで競演、缶コーヒー「ルーツ」キャンペーン[2008年05月27日]



■記事全文へ