川田亜子、最後の生出演は「自殺未遂ルポ」だった……

写真拡大

 現役バリバリの女子アナの自殺に、衝撃が走った。今月26日、港区内の路上で練炭自殺を図った川田亜子アナウンサー。最近になって、ブログでネガティブな発言を繰り返すなどその精神状態が不安視されていたが、最悪の結果となってしまった。

 そんな川田アナの最後の生出演となったのが、24日(土)の『サタデースクランブル』(テレビ朝日系列)。川田アナにとっては、TBS退社直後から司会を務めているレギュラー番組である。その『サタスタ』最後の出演となった24日の内容が「自殺について」の特集だったことから、波紋が広がっている。

 この日、川田アナは笑顔を振りまきながら卒なく司会をこなしていたが、番組が後半の『青木ヶ原樹海・自殺未遂者』についてのコーナーに入ると表情が一転。視線は定まらず、曖昧な笑顔を浮かべるのが精一杯といった印象だったのだ。約13分間の特集VTRは「樹海に入った自殺志願者の説得に成功する」といった内容だったが、VTRが明けても川田アナの表情は硬直したまま。各々シリアスな表情でコメントを述べるコメンテーターに対しても、返事をするでもなく、目線を泳がせるばかりだった。

「結果的には、あの放送が引き金になったのかもしれないね。もしかしたら川田はVTR中の自殺志願者と自分を重ねていたのかも。テレビ番組であの種の特集が組まれると、コメンテーターは揃って親身なコメントを寄せるでしょう。だけど、番組が終わればみんなヘラヘラ笑いながら帰っていく。そういう姿を見た川田が、『やっぱり誰も解ってくれない』なんて思い詰めたとしても不思議じゃないよね」(元テレビ関係者)

 自殺の原因に関しては諸説が飛び交うばかりだが、ブログの件も含めて、川田が周囲に何度もシグナルを発していたことは確か。気付いてやれる関係者はいなかったのかと、悔やまれてならない。

【関連記事】 芸能プロも頭を抱える!? タレントブログの“管理”問題
【関連記事】 古瀬絵理が語るスイカップ騒動と女子アナブーム
【関連記事】 東京マラソンの裏にあった日テレ女子アナ厳重警備
【関連記事】 和製・ビヨンセ渡辺直美が同棲中!! お相手は……?
【関連記事】 倖田來未、CD叩き売りでも新恋人出現
【関連記事】 ラルクの夫に気遣い「新婚生活」を語らない酒井彩名のけなげさ
【関連記事】 やっぱり休刊決定! 「『ヤングサンデー』休刊を検討」の真相
【関連記事】 加護亜依復帰の仕掛人 梨元勝に「あの噂」を直撃
【関連記事】 アッコも登場! アニメ『ヤッターマン』がヤバイくらいに暴走中
【関連記事】 川村ゆきえが巨乳FBI捜査官に 恋人の影もチラリ?
【関連記事】 「意外と胸も大きいんです」 “日本一の美尻”渡辺万美に迫る!
【関連記事】 白人U-15美少女たちがアキバホコ天に降臨! 街は騒然!?
【関連記事】 愛川ゆず季の100センチおっぱいの乳首って、どうなってるの?