変則的な打撃で、カウンターやローキックを得意とするキース・ジャーディン。シウバにとって厳しい戦いになることは明らかだ

写真拡大 (全2枚)

11試合、出場選手22人中、米国人ファイターは半数以下の9名のみ。

これが、5月24日(土・現地時間)に行われるUFC84『ILL WILL』だ。「Count Down to UFC84」、最終回はメインや日本人選手以外の国際色豊かなラインナップから注目カードをお届けしたい。

出場選手は、米国が9名、ブラジルが6名、日本&英国がそれぞれ2名、さらにクロアチア、カメルーン、韓国が一人ずつというランナップとなったUFC84。PPV中継枠でみても、米国人の4名はブラジル人ファイターの5名を下回る(うち2名が米国在住で、一人はフランス在住のブラジル人)。米国人対決は、メインのBJ・ペン×ショーン・シャークと、オープニングファイトのヘビー級戦という2試合のみ。対して、米国人が絡まない国際戦が4試合も組まれている。

母国大好き、アメリカンの観衆が、この状況にどのようなリアクションをみせるのか。PPV枠以外の会場の雰囲気はどうなのか、そんな点にも注目は集まるが、この国際化こそ現在のUFCを象徴している状況といえるだろう。

TV中継が終了し、1年以上が経過した日本人ファイター=中村和裕&吉田善行の参加は、これまで15年以上にも渡る日本の総合格闘技界の貯金の賜物。だが、対する英国は、赤字覚悟の投資を行っている重要なビジネス拠点であり、今後は日本人と英国人ファイターが出場する確立は大いに違ってくる可能性もある。

一方、ブラジル人ファイターの多さは、これはもうブラジル人の強さが反映されているということに尽きるのだが、同時にブラジル人選手が米国や他国へ進出しており、航空運賃やビザ取得に関して、よりクリアな状況が整っていることの表れでもある。

ブラジル人ファイターは、日本と違い、母国のMMAマーケットの脆弱さにより、ブラジルでの活動に関してある意味、見切りをつけている。そして、米国での成功がその道での成功と心得ており、今後も米国に重きをおいたブラジル人ファイターの数は、増える一方だと予想される。

そんなブラジル人ファイターの道標となるべく、日本で活躍し、今やUFCに在籍するようになったヴァンダレイ・シウバ。敗れはしたものの、昨年末に行われたチャック・リデルとの魂の一戦は、いまだ記憶に新しい。と同時に、ボクシング技術とレスリング能力が発達した米国MMAで、ヴァンダレイが成功を収めるのは、容易くないことも実証された。

対戦相手のキース・ジャーディンは、チャック・リデルを破っているファイター。変則的な打撃の持ち主で、カウンターやローキックに長けている。オクタゴンへの慣れ、ミドル級への転向も選択肢に違いないヴァンダレイの現在の力を測るのには、適した対戦相手だといえるだろう。

■UFC84『ILL WILL』注目のファイター続々!次ページへ!