08季F1第6戦モナコGPは22日、モンテカルロ市街地コースでフリー走行が行われ、フェラーリのドライバー、キミ・ライコネンは、1回目のセッションでトップ、2回目のセッションで3位となった。決勝は25日。

フィンランド人のライコネンは「いつも通りだよ。モナコGPフリー走行初日は普段通りの1日だった。結果はまずまずだったが、1回目で使用したタイヤに手応えがあった。しかし、2回目のセッションで使用した新しいタイヤではタイム的にも苦戦を強いられた。今からは、どのように改善していくかを分析していかなければならない」と冷静に振り返った。