ついに念願のUFC世界ライト級のベルトを巻いたBJ

写真拡大 (全4枚)

いよいよ今週末に迫ったUFC84『ILL WILL』。24日(土・現地時間)MGMグランドガーデン・アリーナで行われる大会のプレビューを3日間に分けてお届けしたい。

題して『Count Down to UFC84』

第一弾は、メインのUFC世界ライト級選手権試合BJ・ペン×ショーン・シャークについて。

MMAファンにとってBJ・ペンは、今更その足跡を振り返る必要がないほど、天才として認知されている存在だ。2000年7月ブラジリアン柔術世界選手権の黒帯部門で、非ブラジル人として初めて頂点にたったBJ・ペンは、「小さなプロモーションで戦って、お金にならないような試合はしたくない」と翌2001年5月までMMAデビューを控えていた。そのデビュー戦の場とは、UFC。

ジョーイ・ギルバート、ディン・トーマスという当時のライト級トップファイターを下すと、3戦目で日本の至宝=宇野薫と対戦し、11秒でKO勝ちを収めている。

しかし、2002年1月に絶対有利という声を背景に挑んだ初の世界戦では、ジェンス・パルバーの驚異の粘りの前にスタミナをロスし、0-3の判定で最初の挫折を味わう。その後、UFCで2勝し、パルバーが返上したUFC世界ライト級のベルトをかけ、宇野との再戦。ここでもドローに終わってしまった。

■BJ・ペンの足跡、続きは次ページへ