伊達公子&ミハエル・クルムのふたりでピラティス
 講談社が運営するオンラインマガジン・MouRaでは、伊達公子の現役復帰を記念して、「伊達公子&ミハエル・クルムのふたりでピラティス」を配信している。

 18歳でプロテニスプレーヤーに転向して以来、日本女子テニス界をけん引し続けてきた伊達公子。世界ランキング4位の実績を残し、1996年に引退。2001年にはレーシングドライバーのミハエル・クルムと結婚した。

 そんな伊達公子が、12年ぶりにテニスプレーヤーとして現役復帰を果たした。4月に行われたカンガルーカップ国際女子オープンでは、37歳にして見事準優勝を飾った。

 現役復帰するにあたり、ランニングなどの本格的なトレーニングとピラティスで体づくりをていたという。MouRaの「伊達公子&ミハエル・クルムのふたりでピラティス」では、伊達公子がパートナーのミハエル・クルムと一緒にピラティスを実践。

 部位別に鍛える21プログラムのエクササイズを、画像と共にわかりやすく解説する。ダイエットにも効果的だという話題のエクササイズで、理想の体を手に入れたい。

■関連ニュース
「AKB48」のデビュー秘話や舞台ウラがマンガになって登場
エド・はるみ、お笑いのルーツは“小学校の朝礼”
神様、僕を殺しかけてくれてありがとう〜千原ジュニアがサイン会
鳥居みゆき「栄養補給はサラダ味のスナック菓子」禁断の食生活を
スザンヌ握手会の裏側も「Oh!スザンヌ」発売記念インタビュー