バルサ退団第一号はポルトガル代表MFデコとなった。15日に行われたスポーツメーカーのプロモーション活動の場で「来シーズン、バルセロナで続けることはない」とデコ自身がそう明らかにしている。バルサとは2010年6月までの契約を結んでいるデコだが、彼の代理人とクラブ側が話し合いを行い、他のクラブと交渉する許可を与えたとのことだ。

「自分を望んでくれない場所で続けたくはない」。

 それがデコの気持ちだ。望んでくれるチームでプレーしたいと思うのは選手として当然だろう。気になる移籍先についてだが、「おそらく、イングランドかイタリアに行くことになるだろうね。スペインには残らない。バルサのレベルがあるクラブはレアル・マドリーだけだし、だからといってレアル・マドリーには絶対行かないだろうからね」と語るようにまだ白紙状態。これから移籍先を検討していくことになるが、デコが活躍する姿を見られるのはプレミアリーグかセリエAとなりそうだ。

 来シーズンに向け放出リストに名前が上がっていると噂されていたデコが退団の意向を明らかにした。これが最初で最後ではない。チームの大改革が必要とされるバルサの“放出作戦”は始まっているということだ。

(スペイン通信)

デコデコ(Deco)


生年月日:1977/08/27
所属   :バルセロナ
国籍   :ポルトガル
ポジション:MF