松井証券は、5月17日にモバイルの一般サイトをリニューアルすると同時に、モバイルトレードをニンテンドーDS、PSP、iPod touchでも利用可能とすることを発表した。

松井証券は、パソコン中心の株式取引サービスだけでなく、携帯端末向けのサービスに注力しており、2005年10月には、パソコンを持っていなくても取引ができる携帯専用口座を導入。現在、松井証券で株式取引を行っている顧客のうち、約27%が携帯電話を利用しているという。

 今回のモバイル一般サイトのリニューアルでは、デザインだけでなく、Q&Aやヘルプ機能を充実させて使い勝手を向上。また「初めての証券取引」や「初めてのFx」など、初心者向けコンテンツも拡充している。

 同時に、携帯電話以外の端末であるニンテンドーDS、PSPなどのゲーム機が、国内普及台数では携帯電話にも引けをとらない状況であることを踏まえて、これらの携帯端末でもモバイルトレードの利用を可能にした。ニンテンドーDSで利用する場合は、インターネットに接続するためのソフト「ニンテンドーDSブラウザー」を購入する必要がある。

【関連リンク】
ジョインベスト証券、株式トレーディングツール「モバイル・エクスプレス」を12月に提供
野村證券がセカンドライフに参入、国内の銀行・証券会社では初進出
松井証券、すぐに現金を引き出せるサービス開始
いま人気の資産管理ツールはどれ?【資産管理ツール利用動向調査】
ニフティ、モバイル向け競馬情報サイトで12万頭以上のデータを無料公開

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

イー・モバイルのサービスエリア拡大、全国人口カバー率81%に[2008年05月15日]

Google 、リンク先ページの読み込み時間も品質評価の対象に[2008年05月15日]

ネットとテレビの新しいトビラを開く、フルハイビジョンTV向けコンテンツ「Yahoo! JAPAN for AQUOS」[2008年05月14日]

NTTドコモ、iメニューの公式サイト表示の一部を6月から入札で決定[2008年05月14日]



■記事全文へ