ハーバードビジネスレビュー『2008年のパワー・コンセプト20+1』では21世紀の職場で活躍する人材像とゲーマー気質の共通点を指摘しています。
この指摘を、現場で活用できるために、準用思考で深めていきます。

私は社員教育担当者や研修サービス事業者の皆様に研修企画・教材開発のサポートをする一環として、オリジナルのビジネスゲームも開発しています。

その関係から、人材教育とビジネスゲームの関係には考えるところが多いのですが、今回、ハーバードビジネスレビュー(2008.5)の特集に『2008年のパワー・コンセプト20+1』として非常に興味深い記事を見つけました。


ジョン・シーリー・ブラウンとダグラス・トーマス(両名とも南カルフォルニア大学)による『ゲーマーは理想の次世代人材(The Gamer Disposition)』という寄稿です。

彼らはMMOG(多人数同時参加型オンラインゲーム)のファンに見られる「ゲーマー気質」と21世紀の職場に求められる人材の気質との共通点を語っています。


今回のように異なる分野の考え方・フレームワークの転用によって思考のスピード向上をめざすことは重要ですが、転用先に対する適切な修正を行う考え方(準用思考)がなければ、その実効性には疑問が残ります。

本稿では、彼らの主張をもう一歩進め、実際に企業組織でこの「ゲーマー気質」を活用するにあたっての留意点も含めてご紹介していきます。
なお、本稿は私の解釈や独自の事例も含まれていることをおことわりしておきます。


彼らのいう21世紀の職場で活躍する人材にも求められるゲーマー気質は次の5つです。

1.成果志向である
2.多様性の効果がわかっている
3.変化を糧に成長する
4.学習を楽しんでいる
5.探究心が旺盛である


以降、まず総論として、そもそもこの指摘をどのように生かせるのか、という点から検討していきます。



総論


続きはこちら