日本マクドナルドは4月30日、同社と全世界のマクドナルドがオリンピックをテーマとした世界規模の最先端オンラインゲーム「The Lost Ring」を支援すると発表した。マクドナルドは北京オリンピックのオフィシャルパートナーともなっている。

 「The Lost Ring」は“代替現実ゲーム(Alternate Reality Game、以下「ARG」)”と呼ばれる新しいジャンルの謎解きゲームで、インターネット環境があれば世界中の誰でも無料で参加することが可能。ARGの特徴は、謎を解く手がかりがネット上と現実世界にちりばめられていることで、プレイヤーはブログや動画、謎の関連サイトといったネット上の情報のほか、電話やラジオ、“東京の某郵便受け”のような実在の場所など現実世界に隠された手がかりを他のプレイヤーと協力して探し、謎解きをしていく。同ゲームは、マクドナルドと国際オリンピック委員会(IOC)、そして世界有数のARGデザイナーであるジェーン・マクゴニガルとのパートナーシップから生み出された。

 「The Lost Ring」のストーリーは、記憶を失ったアスリート6人が世界各地で発見されるところから始まる。彼らの共通点は、「失われたリングを探せ」と刻まれた謎のタトゥーのみ。6人は自身でブログを書いたり、動画投稿サイト「You Tube」に投稿したりして、プレイヤーと一緒になって自分が何者なのか推理していく。プレイヤーは、まるで登場人物と知り合いになるような感覚でゲームに参加できる面白さや、プレイヤーたちが自発的に情報を集めることで謎が解けていく一体感が得られる。

 このゲームは2008年3月上旬に世界中に公開されてから、ヤング・アダルト世代を中心に大きな関心を集め、世界100ヵ国以上の100万人以上を結ぶ史上最大のARGへと急速に発展している。6人のアスリートのうち1人が日本人という設定でもあり、国内でも早くもプレイヤー有志が日本語版の手引きサイトを立ち上げたり、ネット上で発見された手がかりとなる資料を日本語に訳したりと、盛り上がりを見せつつある。

 日本マクドナルドでは、「マクドナルドは世界100ヵ国以上に展開しており、全世界的にヤング・アダルト世代を中心に支持されています。オリンピックと同様にチームワーク精神にのっとり、国境や文化を越えて参加できる『The Lost Ring』の支援を通して、世界中のヤング・アダルト世代を結びつけるサポートををいたします」とコメントしている。

■関連ニュース
東芝、「ラグナロクオンライン」推奨ノートPCのゲームパッケージセットモデル――オリジナル特典も
ニコニコ動画にアニソンやゲーム曲を専門に扱う新音楽情報番組
大人も必見〜子どもが環境問題を楽しく学ぶ「Yahoo!きっず環境」
SoftBank、「ケータイ捜査官7」モチーフの「トランスフォームする」携帯電話
あの人気シリーズの映画版が公開前に無料で視聴できる!