ソニーやマイクロソフトが普及に弾みを付けるためにも自社のゲーム機を値下げしていく中、任天堂が自社の次世代ゲーム機「Wii」と、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の値下げを完全に否定したそうです。

これで少なくとも年内に値下げされる可能性は無くなってしまいました。

詳細は以下から。
Nintendo: no plan to cut Wii, DS prices this year | Technology | Reuters

この記事によると、任天堂の岩田聡社長が今後の収益予測に関して「ハードウェアの値下げを行う前提での収益予測は行われていない」とした上で、WiiやニンテンドーDSの値下げをする必要があるとは思っていないとアナリストに述べたそうです。

ちなみに対抗するソニーはPS2との互換性を無くした廉価版PS3を昨年11月に発売しているほか、マイクロソフトも安価なXbox360アーケードを発売するなど、家庭用ゲーム業界全体では値下げが続いていますが、今回の任天堂の方針は、値下げをしなくとも売れるという自信を端的に表したものなのでしょうか。

・関連記事
任天堂が過去最高益更新、Wiiを増産へ - GIGAZINE

WiiのグラフィックがPS3やXbox360並みに向上へ - GIGAZINE

ニンテンドーDSの液晶についてカルテル疑惑、シャープと日立に立ち入り検査 - GIGAZINE

PS3の新型が8月に登場か、部品コスト削減で低価格化も? - GIGAZINE

Xbox360を死亡させる耐久実験ディスクが流出中 - GIGAZINE

記事全文へ